本文へスキップ

確かな技術と経験で、医療施設のより良い運営をご提案します


topic新着情報


 弊社は、40年近くパソコンを触ってきた職員を始め、元パソコンメーカー社員などで構成するPCのプロ集団です。
パソコンに関することは、ハード・ソフト共に何でもできますので、どんな事でもご相談頂ければと思います。
現在は、医療機関を中心にサポートを行っておりまして、レセコン&電子カルテとして全国的に定評のあります
「ダイナミクス」を、ハード面・ソフト面からサポートさせて頂いております。(右のバーナーをご参照ください)

 ダイナミクスは、医師 吉原正彦先生が作成され、現場ニーズにぴったり合った多機能構成になっておりますが、
事務方の便利さも、病名チェック機能や各種データファイリング機能も… 全てが整った、画期的な電子カルテ&
レセコン、一体型ソフトとなっております。
各種レセコンソフトはありますが、べらぼうに高かったり(A4レーザープリンター20万円とか・ P社)
5年に一度、ハードソフトのオール入れ替えが必要だったり(T社)と、めちゃくちゃな商売をする所が多数あります。

それらの各社が曰く、ダイナミクスはPCマニアでしか扱えず、Microsoft Accessは壊れるデータベース・・などと
無い事を触れ込む業者がいてる様ですが、現在のMicrosoft Accessには、自己復旧機能が備わっていますし頑丈で、
Mac派でPCが苦手な先生や、医療事務の知らない事務員の方でも、楽々作業を熟されていらっしゃいます。

むしろ、コマンドラインで自らアップデートしなくてはいけないO社レセコンは、とても扱い難く、パソコンオタクの
スキルがないと、自力では操作不可能ですし、一方クラウドサーバが売りのS社のレセコンは、昨今、
女優・アーティストの個人写真が流出する事件が国内外で多発していますが、正にこれがクラウドサーバ上なのです。 
個人の住所氏名・保険証データ・病名・診療録をインターネット上に置くなんて、とんでもない事ですよね。

10年単位で計算しましたら、断然!ダイナミクスが安く、使い易すさ・多機能・安定性・汎用性などなど利点も多く
全国シェアNo.2と、沢山のドクターに採用されていますので、一生涯安心して使って頂ける
電子カルテ+レセコン+ファイリングシステム = 医療統合システムだと言えます。
※参考資料:「町医者が、町医者のために書いた、電子カルテのかしこい選び方・使い方」(黒田秀也先生著)


 弊社ではパソコン関連だけでなく、CT・CR・エコーなどの医療機器の斡旋や(新品・中古)、開業時の各種
許可申請などの代行、短期長期の経営戦略計画や集客企画、その他従業員様の職員教育などなど、ありとあらゆる場面で
お役に立てると思います。

 お客様の立場に立って親身に・・ これが弊社のモットーです。
安定した経営のお役に立てるべく、弛まない努力をさせて頂きたいと存じます。







NEWS新着情報


























バナースペース

アイティー・メディカル (株)


スマートフォン版